専業主婦カードローン 電話連絡

専業主婦でも借りれるカードローンの場合、電話連絡はあるの?

専業主婦 電話連絡

専業主婦専用ローンに申し込んだ場合、
ご主人やご家族の職場への在籍確認はありません。
専業主婦専用カードローンでは、貸す側も専業主婦=収入が無いことを理解しています。
借り入れ枠を〜50万と少額に設定している為、
収入証明なし、在籍確認なしでお申し込みが可能です。

しかし、申し込みを行うと本人への電話はあるという事は覚えておいてください。

本人への電話連絡で聞かれる事

  • 本人確認
  • 申し込み内容の確認
  • 審査結果
この様に本人にかかってくる電話の内容は、本当に本人が申し込んだのか、また、申込内容確認の為の最低限の必要な電話です。
本人以外が申し込んでいたら大変ですものね。
また、借り入れ可能かの審査結果も電話で来ることがほとんどです。
これらの電話連絡は携帯電話で受けることもできるので、周りにばれる心配は無いと考えていいでしょう。

専業主婦でも電話連絡なしで借りれるカードローン

専業主婦の方は収入が無いので、消費者金融では借り入れできません。
しかし、専業主婦の方でもお金が必要になる事はあります。

「ご主人やご家族には心配かけたくない」「内緒でお金を借りたい」

そんな方の為におすすめのカードローンはこちら

家族に内緒で申し込める専業主婦用カードローン

専業主婦の方でも借入できるカードローンの特徴

  • 少額の借入枠(10〜50万)
  • 収入証明書不要
  • 家族への電話連絡なし
審査時間は早いところで最短即日!その日に借り入れ可能かがわかります。
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン ご利用限度額: 30万円程度金利: 14.0%
みずほ銀行カードローンは、最短即日利用が可能なカードローンです。
WEB完結申し込みを利用することで、来店や郵送不要でお申し込みできます。
ご自分の携帯があれば、周りに見られることも無く、バレずにお金を借りる事ができます。
200万円未満の借り入れであれば、収入証明書の必要はありませんので、専業主婦の方でもご利用可能です。
イオン銀行カードローン BIG
イオン銀行カードローン BIG ご利用限度額: 50万円金利: 年13.8%
大手スーパーでおなじみ、イオンのカードローンです。
専業主婦専用の借入枠を設けており、収入証明書の提出や担保、保証人は必要ありません。
月々3000円からと、家計に負担をかけることが無い少額の返済も可能です。
15時(土日は14時)までのお申し込みなら当日中に審査結果がわかります。また、カード受け取りまで4〜5日と合計で一週間以内には融資が開始できます。(※イオン銀行口座を持っている、または当日窓口にてイオン銀行の口座開設の手続きをされた方)
auじぶん銀行カードローン
auじぶん銀行カードローン ご利用限度額: 30万円程度金利: 年2.4%〜17.5%
最短即日で融資可能なauじぶん銀行カードローン!利用者の間でも審査結果が早く驚いている方が多いのがこのカードローンです。
最大300万円の借入まで収入証明書の提出が不要で、専業主婦の方でも申し込みできます。もちろん、旦那様の職場への在籍確認などはありません。
月々の返済は1000円から可能で、支払い期間も35日まで設定できます。
auの携帯電話を使っているとさらにお得に利用でき、金利0.1%〜0.5%優遇など、様々な特典が利用できます。
※記載している限度額、金利は専業主婦として借りた場合の値となります。
 

銀行でのフリーローンとカードローンは何が違いますか?

カードローンとはフリーローンの一種ですが、厳密には違います。
銀行のローンでも住宅ローンや教育ローンなど、様々な商品と一緒にカードローンとフリーローンは別のローン扱いになっている事がほとんどです。
大きな違いは限度額の範囲内であれば何度でも借り入れができるものがカードローンで、フリーローンは追加融資ができない点にあります。

例えば、借入限度額が同じ50万円だったとします。返済を続けていき借入残高が30万円になった場合、カードローンの場合は20万円を借りる事ができますが、フリーローンの場合はあらたに審査を受けて金銭消費貸借契約を締結しなければ借り入れをする事ができません。

これらの事からカードローンの方が便利なローンと言えるかもしれませんが、何度も引き出せる事から、なかなか完済できない人が多くいるのも事実です。
それに対しフリーローンは自由に借り入れを出来ない分、借入残高は確実に減っていくメリットがあります。

キャッシングとローンの違いは何ですか?

キャッシングとローンに、明確な定義はなく業界や業者によっても意味合いが多少変わります。

消費者金融や銀行などではキャッシングとカードローンは個人向けの無担保融資という意味で使われており、ローンは住宅ローンや自動車ローンなど、使途が明確な融資というように使い分けられている事が多いです。

またキャッシングは小口の短期融資、カードローンは大口融資の意味合いの場合もあります。

どちらにせよ、現金を借りるという点では一致しています。過去には消費者ローンや、サラリーローンと呼ばれた時代もあり、その呼び名が業界的にイメージが悪くなると新たな呼び名に変化して今日まできています。
業界や業者によって呼び名が同じでも返済方法が異なる場合もありますので、借入をする時は返済方法や利息についても確認する事が大切です。

主婦でも即日借りられるカードローンは?

総量規制という法改正の後は消費者金融などからは専業主婦の方は借り入れをする事ができなくなりました。
専業主婦でも即日審査で申し込みができるのは銀行系のカードローンだけです。

PCやスマートフォン、電話から24時間申し込みが可能であったり、返済も近くのコンビニや銀行ATM、PCやスマートフォンから出来るなど、忙しい主婦の方でも借り入れがしやすいものが多いです。

イオン銀行を例にあげると、300万円以下は収入証明書が不要で、イオン銀行ダイレクトで申し込むと最短で当日の借り入れも可能です。
イオン銀行の他にも主婦でも借りられるカードローンには、みずほ銀行や新生銀行レイク、ジャパンネット銀行などがあります。

カードローンの使い道は調査される?

カードローンは、住宅ローンや自動車ローンのように使途が明確な融資とは異なるため、借りる側が自由に使い道を決められるというメリットがあります。

そのため、申込時の審査やプランの相談時に使途を尋ねられる事はありますが、細かく調査されるという事はありません。
しかし唯一例外があり、カードローンは事業性資金としては使う事ができません。

詳細説明の部分には、ほとんどの場合「事業性資金を除く」または「事業性資金にはお使いいただけません」などと書かれています。
事業性資金とは事業を経営するために必要なお金の事です。事業性資金を借りたい場合は専用のローンを利用する必要があります。

専業主婦で収入がない場合何万円まで可能ですか?

仕事をしている主婦の方の場合、借入審査時に職場への在籍確認が行われますが、専業主婦の方は自宅などに確認の連絡が入ります。
パートやアルバイトなどである程度の収入がある場合は、年収の3分の1の範囲内であれば、自分1人での借入申込が可能です。

そのため何万円まで可能かどうかは収入の状態によって変わります。
しかし、専業主婦の場合無収入扱いになるため、配偶者を通さなければ借入はできません。つまり家族に内緒では借入が出来ないという事です。

これは家族に内緒で借入を行う事が社会問題に発展した事から総量規制という法律を設けたためです。
しかし銀行のキャッシング会社では、無収入の専業主婦でも借入可能な場合があります。

ただ、比較的審査が厳しいため配偶者に内緒でというのは難しいようです。

金利はどれぐらいですか

金利は業者や借入金額によって異なりますが、イオン銀行で実質年率3.800%〜13.800%、みずほ銀行は実質年率4.000%〜14.000%、新生銀行レイクは実質年率4.5%〜18.000%です。実質年率とは残債方式で利息を計算した年利の事を言います。(利息 = 借入残高 × 金利 × 借入期間 )

一般的に消費者金融では借りた日数だけ利息がかかる日割り計算がされています。
例えば50万円を実質年率18.0%で30日間借りた時の1ヶ月の利息を計算すると、
50万円 × 18.0% ÷ 365日 × 30日 = 7,397円です。

カードローンの使い道は調査される?

返済方法は、業者によって異なりますが口座引落しやATMでの入金、振込などがあります。
その際の振込手数料やATM手数料などは、借入をする側の負担となる事もあるため、長期間での借入となる場合は手数料なども考える必要があります。

返済方式は元利均等払いや元金均等払い、分割払い、リボルビング払いがあります。
元利均等葉ライトは、利息と元金を合わせた返済金額を毎月一定額で返済していく方法です。
返済当初は利息の返済となるため元金が減りにくいです。

これに対し、毎月の返済額が返済が進むほど減少していく返済方式が元金均等払いです。
分割払いは長期の返済で一番ポピュラーかもしれませんが、当初の元金にかかる利息がそのまま元金に上乗せされたものを分割にするため、総支払額が大きくなります。
リボルビング払いはカードローンの返済方式の主流とも言える返済方式で、返済元本に応じての利息なので、借入残高の減少にともなって支払い利息が減少していきます。
借入をする際は返済方式や返済方法などもきちんと把握しておくと安心ですね。